電気電子工学科の沿革

1955年 理工学部電気工学科設置
1961年 理工学部原子炉工学科設置
1964年 理工学部電子工学科設置
2002年 理工学部学科改組により上記3学科を電気電子工学科などに統合
募集定員は200名
情報・通信コース、エレクトロニクスコース、エネルギー工学コース、イブニングコースの4コース制
4コースとは別にJABEE対応のため総合エレクトロニクスプログラムを設置、
学習・教育目標を公開して新入生に説明、学生を募集(2012年まで実施)
開催校として電気関係学会関西連合大会を開催
2004年 電気電子工学科においてコース再編を実施
総合エレクトロニクスコースを総合エレクトロニクスプログラムに対応するコースとして設置
理工学部の方針にもとづいてイブニングコースを廃止
2005年 JABEE実地審査(新規審査)を受審
2007年 電気電子工学科においてコース再編を実施
エレクトロニクスコースを総合エレクトロニクスコースに統合
JABEE実地審査(中間審査)を受審
2010年 募集定員を180名に変更
JABEE実地審査(継続審査)を受審
2011年 募集定員を170名に変更
2013年 電気電子工学科においてコース再編を実施
情報・通信コースと総合エレクトロニクスコースを統合して
エレクトロニクス・情報通信コースとして設定するとともに、
エネルギー・環境コースのカリキュラムを一部見直し
JABEEに認定プログラム変更通知を送付し、エレクトロニクス・情報通信コースが
JABEE対応プログラムであることを伝達
学習・教育到達目標を公開して新入生に説明、学生を募集
2016年 JABEE実地審査(継続審査)を受審
2017年 募集定員を190名に変更
開催校として電気関係学会関西連合大会を開催(予定)